2017年10月4日水曜日

中秋の名月

もう10月だって。早いねぇ。

今夜は中秋の名月。十五夜のお月様。


めずらしく定時で帰れたので、月が高いところに行く前に撮りにいってきました。

すでに、高いとこにいたけど。


中秋の名月
Sony α900 + Minolta AF 24mm f/2.8 (N)

うちの裏手を流れる綾瀬川の橋から。

橋のてすりの上にカメラを置いて6秒静止。

川の水面にも月が映りこんでくれました。


moon
Sony α900 + Minolta AF 70-210mm f/4

一応210mmで月だけを撮ってトリミング。

210mmだとちょっと遠い。でも、手持ちだとこれが限界。



月って何度か撮ってるけど、やっぱり難しいなぁ。

月をからめた風景写真。どっかにいいスポット探さなくちゃ。


2017年9月23日土曜日

秋の訪れ

金木犀の香りが秋の訪れを知らせる昨今。

月イチペース更新となりました当ブログにて本日紹介します写真は。

先月末の花火の写真です。ごめん。


hanabi08
Sony α900 + Minolta AF 24mm f/2.8 (N)

hanabi04
Sony α900 + Minolta AF 24mm f/2.8 (N)

hanabi01
Sony α900 + Minolta AF 24mm f/2.8 (N)

久しぶりの花火撮影。

ちょっと裏技も使ってますが。少しは上達しているような気がしまして。

うれしかたです!(CV:東京トガリ)

2017年8月21日月曜日

さよなら夏休み

さよなら12連休。

海行ったりポートレート行ったりはしたけれど。

雨だったり曇天だったりで、ちっとも夏らしくなかったなぁ。

曇天
Sony α900 + Minolta AF 24mm f/2.8 (N)


暑いのは苦手だけど、夏らしくなくてちょっと寂しい。




2017年8月11日金曜日

続・名古屋に行ってきました

今日の更新も鉄道写真ですごめんなさい。


でも、いかにも「鉄道でーす!」って感じの写真よりも。

風景の一部分だったり、パーツにクローズップした写真の方が好きだったりします。



ってことで、まずは「鉄道でーす!」って写真から。

続いて、この鉄道をどう撮るかっていう俺のこだわり写真を。


DSC00620
Sony α900 + Minolta AF 50mm f/1.7(N)

C57形式 蒸気機関車 車号 C57 139 (1940年 製造)
主要路線で運転される旅客列車を牽引することを目的に1937年から製作された蒸気機関車。 当館にある139号機はお召列車にも使用された




SLって男のロマンだと思うのです。

蒸気バクバク吐きながら走る姿は本当に雄大です。

また走ってるSLを撮りにいきたいなぁ。

DSC00657
Sony α900 + Minolta AF 50mm f/1.7(N)

そんなSLの一番好きなアングルがこれ。

正面ももちろんいいんだけど、なぜかこのアングルが好きなんです。



続きまして。



DSC00621
Sony α900 + Minolta AF 50mm f/1.7(N)

ホジ6005形式 蒸気動車 車号 ホジ6014 (1913年 製造) 

動力源を蒸気機関とし、客室内に小さな蒸気機関車を組み込んだ構造となっている現存する唯一の蒸気動車。



非常に珍しい、客室の中に蒸気機関が組み込まれている車両。

カンタンにいうとSLと客車がドッキングしてるようなもの。

100年以上前の車両がこうして現存してるってすごいよね。


DSC00664
Sony α900 + Minolta AF 50mm f/1.7(N)


で、こんな風にとってみました。

三等っていうのは一番下で。等級ごとに帯色の塗りわけがあって。

1940年までは一等=白、二等=青、三等=赤であったとのこと(Wiki調べ)

つまり一番庶民に馴染みのある車両だったんだろうなぁ。



たかが鉄道。されど鉄道。

どう撮るかによって個性が発揮できたらいいよね。

2017年8月7日月曜日

名古屋に行ってきました

まぁ、先月の話なんですけど。

お仕事で名古屋に行ってきました。お仕事で。

でも、意外と時間が作れたので色々観光的なこともできました。

スーツケースにα900と50/1.7を忍ばせて。



行ってまいりました。リニア・鉄道館へ。一人で。



もう、多くは語りません。思いっきり鉄分摂取してきました。

最the高とはこのこと。

色々と写真載せたいはやまやまなんですが。

あえてマニアックなところをご紹介します。



モハ52形式 電車
Sony α900 + Minolta AF 50mm f/1.7(N)

【モハ52形式電車】戦前に京阪神間の急行電車として活躍。流線型デザインから「流電」の愛称で親しまれた。晩年は飯田線にも使用。

この電車の車内がいいんです。車内が。

モハ52形式 電車内
Sony α900 + Minolta AF 50mm f/1.7(N)

ほら。最高。木造が最高。照明も最高。


続きまして。

モハ1形式 電車
Sony α900 + Minolta AF 50mm f/1.7(N)

【モハ1形式電車】鉄道省が製作した木製電車で現存する唯一の車両。京浜線、中央線などで活躍し通勤電車の標準となった。

もちろん外観も好きなんですけどね。この電車も車内がいいんです。車内が。(興奮)


モハ1形式 電車内
Sony α900 + Minolta AF 50mm f/1.7(N)

シブすぎ。吊革とか網棚とかシブすぎ。


伝わらないかなぁ・・・。

2017年7月20日木曜日

すみだ水族館

うっかり7月ですよ。おかしいな。

先月も似たようなことを言った気がします。



当ブログは月1更新になっております。

と、大きな声で言ってしまってもいいかなってくらいに、
ブログ更新までに手が回ってない気がします。



って、ことで今月は昨年の10月ぶり?くらいにすみだ水族館に行ってきました。

年パス持ってるのに。年に2回しか行かないって勿体なさすぎる。

この日は丁度3連休のど真ん中で、結構混んでいました。

入場券買うのに列が出来てるんですよ。

こんなに並んでまで入りたいんですかねってくらいに。


いやー、年パスって最高ですね。優先的に入れちゃいました。

最高。持っててよかたった。

じゃ、今回撮った写真載せておきますね。



すみだ水族館
Sony α900 + TAMRON SP AF28-75mm F2.8 Di macro A09

今回はタムロンの28-75/2.8で挑みました。

前回来たときはクラゲの展示が水槽の工事中とかでなかったんですよ。

で、今回は期待してきたのに、水槽の奥側の壁に映像が。

おかげでクラゲが綺麗に撮れないじゃないか!(激怒)

って感じで、構図をあぁでもないこうでもないと試行錯誤してようやく撮れたのが上の写真です。


すみだ水族館
Sony α900 + TAMRON SP AF28-75mm F2.8 Di macro A09

水槽を囲むスタイルの展示形式の場合、水槽の向こうに人がいると写ってしまうのでいない瞬間を狙います。


すみだ水族館
Sony α900 + TAMRON SP AF28-75mm F2.8 Di macro A09

アートアクアリウムかな?ってくらい相変わらずの金魚推しなんですが。

金魚ってスピードが速いので結構撮るのに苦労します。

高感度耐性の強いカメラがほしくなります。


すみだ水族館
Sony α900 + TAMRON SP AF28-75mm F2.8 Di macro A09

すみだ水族館の一番の目玉であろうぺんぎんのところですが、やはりここは75mmではちょっと遠い。

かといって200mmのズームレンズを振り回すのもなぁって感じ(中には振り回してる人もいましたけど)

ってことで、85mmか135mmの単焦点がほしくなります。


すみだ水族館
Sony α900 + TAMRON SP AF28-75mm F2.8 Di macro A09

今回の水族館撮影で一番お気に入りの写真。

他の水族館と比べるとそこまで大きくない水槽なんですが。

真横からまともに撮ると、水槽と反対側にある売店の照明とかが写りこんじゃうんですよね。

なので、見上げる感じにして水中に差し込む光をうまく取り入れてみました。

しかしまぁほんと、ここの水族館はカメラマン泣かせだな!!(激怒)



ってことで、年内にもう2,3度撮りにいきたいと思います。

全体的にもう少し絞って撮ればよかったなと反省。

2017年6月18日日曜日

うっかり6月

すっかり紫陽花の季節ですね。

ってことで、仕事終わりに職場の近所で撮ってきました。


紫陽花
Sony α900 + Minolta AF 24mm f/2.8 (N)

24ミリの単焦点は、カバンに忍ばせておくには軽くてよいです。

欲を言えばα7Ⅱあたりがほしいのだけども。



紫陽花
Sony α900 + Minolta AF 24mm f/2.8 (N)

最近現像についても色々と試行錯誤してます。

この紫陽花はさっきの一枚と違ってふんわり仕上げよりもカッチリ仕上げのほうがシックリきたんです。

すべり台
Sony α900 + Minolta AF 24mm f/2.8 (N)

17時過ぎてもまだまだ明るく、いい季節になってきました。

割とビビッドなすべり台なんですが、あえて彩度を落とすのもシブいなぁとか思います。


公園
Sony α900 + Minolta AF 24mm f/2.8 (N)

見慣れたいつもの公園なんですけどね。

もう少し陽が傾いたらもっとドラマチックになったのかなぁ。